2021年05月02日

雑な話2021-05-02


最近何をしていたのか、雑にご報告です。

・コミック彩色の仕事
・Lazy Nezumi ProでPhotoshopでも綺麗な線画
・Photoshopでの日本語入力時ショートカット問題解決
・作業用SSD購入
・面白かったアマプラ作品
・その他



●コミック彩色の仕事
 ネットの普及でマンガもフルカラーの時代が来ているようで、フルカラーコミックの彩色のお仕事を始めました。
 ゲームのイベントCGとは違ってとにかく量産しなければいけないのですが、ちまちま塗っていくのは自分の性に合っているみたいで作業は楽しいです。背景含め色々なものをいっぱい塗るので、とても勉強になっています。
 そして少しでも楽したい怠惰マンなので、もっと効率の良い作業方法を絶賛模索中です。
 今は4P分を一枚にまとめて流れ作業的に一気に塗っていくという方法を試しているのですが、最終的に一枚分の作業のデータが5GBになったりしてさすがにPCに負担が……といった感じなのでPCの強化時期なのかなあと。

 それにしても月間連載とかの作家さんは凄いなぁと思います。遊ぶ時間とかどうやって捻出してるのでしょう。(連載中は遊ぶ暇とかはないのかも……)
 

 
●Lazy Nezumi ProでPhotoshopでも綺麗な線画
 なんで今まで誰も教えてくれなかったの!?!?!というくらい自分には革命的な 『Lazy Nezumi Pro』という作画補助ソフトを導入しました。
 これは何をするものなのかといいますと、クリスタやSAIのように手ブレ補正や抜き・入りの詳細設定がPhotoshopでも可能になる線画描画の強化ツールです。
 Photoshopでもある程度ブラシの設定で可能ですが、先端を更に綺麗にすることができます。

 同じブラシ・描き方でもLazy Nezumi Proを適応させるとこんな感じになります。
 今までは入りの線を細くして肌に使う菱形系のハイライトがどうしてもPhotoshopでは綺麗に引けなくて何度も何度も引き直したり、ハイライトだけはクリスタやSAIを頼っていたのですが、これでPhotoshopだけで作業が完結できるようになりました!

 

 あと、使いやすいパースの定規各種などもありまして感覚的に背景線を引けるようになったので(SAI2に近い感じです)建築物の背景作画も少しずつ苦手意識を克服していきたいなぁと。背景の直線的なエッジを塗る時とかも超使えます。

 ちなみにLazy Nezumi Proはツールの日本語化は可能ですが、2021年5月現在は海外の公式サイトでしか購入できないようです。購入方法のページも英語です。自分にはハードル高かったです。
 自分は決済後、領収書メールは届いたのですがどこでライセンスを取得できるのかが全く分からず、初めての英語メールで公式サポートさんにライセンス取得方法をお問い合わせしました……。
 すぐに返信が来てアクティブ化に必要なXMLファイルのダウンロード用のサイトの案内が届き、無事にライセンス取得に成功しました。サポートさんありがとう!!!ビバ、翻訳ツールDeePL!!!
 他のサイトを調べても購入からライセンス取得方法までについては書かれていなかったので具体的な流れを書き残しておくと、
 『決済する→XMLファイルがDLできるページでメールアドレスを入力→ソフト起動後、ヘルプのアクティブ化でXMLファイルがあるブラウザを指定する』という感じみたいです。
 尚、一年契約でお値段は3300円でした。



●Photoshopでの日本語入力時ショートカット問題解決
 Microsoft IMEをGoogle日本語入力に変える

 Photoshopを使う時は英語キーボードモードにする

 何かのはずみで日本語入力になってしまいショートカットが効かなくなることがなくなる。解決!!

 ショートカットマンにとってこれは地味にストレスだったのでかなり作業がスムーズになりました。
 あとはパスの選択範囲が勝手に反転するのを防ぐ方法を見つけたい……。



●作業用SSD購入
 PCを強化するにあたりメモリの増設も考えたのですが今は時期が悪そうなので、ひとまず1TBの作業用SSDを購入しました。PCケースの開け方やネジの外し方に苦戦して設置作業に半日かかりました……。手が痛い!!!
 ケースをどうやって開けるか確かめるためだけにPCケースの紹介動画(英語)を見る羽目になるとは……でも動画は言葉分からなくても何してるのか確認できるで本当に有り難いですね。
 外付けのSSDにしようかなぁとも思ったのですが、熱がすごいことになり長時間の作業には向かないとのことでしたので取り付ける方を選んだ次第です。



●面白かったアマプラ作品

 色々面白かったのですが、最近観たものの中で特に自分好みだったものを厳選してご紹介します。

ザ・フード -アメリカ巨大食品メーカー
 コカ・コーラやケンタッキー、マクドナルドなど、誰もが知ってるあの食品メーカーの創立秘話を当時の時代背景と一緒に勉強できる良質なドラマ仕立てのドキュメンタリー。OPのキャラ(作った人々)紹介が普通に海外ドラマ風でやたらカッコイイ。全世界に通用する名前に挑戦する人々を描いた、実話ならではのドラマ性もあります。
 血の繋がった親子や兄弟で潰し合いもする中、マクドナルド兄弟は仲が良くてほっこりしました。そしてケンタッキーのカーネルおじさん、ライバルを銃撃戦で撃退するわんぱくおじさんだったとは……。チョコの会社を作るためにまず街を作ったハーシーさんには幸せになってほしかった。
 時代的に食品を保存する冷蔵庫や流通のための交通手段が無くて、都市部ほど食糧難で新鮮なものが食べられなかったり、食品の安全性が約束されていなくて人々は危ない食べ物を見極める手段がないとかの辺りはファンタジー作品の参考にもになりそうだなと思いました。

ママ・ハディッドのモデル養成プロジェクト
 スーパーモデルとしてモデル事務所と契約する女の子のオーディション。
 モデルは体型さえ良ければそれでいいのでは?と思っていたのですが、プロの仕事としては人間性(コミュ力)が重視されると知って驚かされました。
 自分に興味を持ってもらうためにはまず自分が相手に興味を持つことや、『この人と一緒に仕事をしたいと思われることが大事』というのはどの業種にも通じることだと思うのでナルホド納得です。あとはいかに大勢の中で輝やけるかというのは色んなコンテストに当てはまりそうです。
 プロのカメラマンによる撮影は、いい写真の構図は人をハっと惹きつけるような魅力があって、イラストでもこういうカメラマン的な構図の勉強しなければなぁと思ったり。
 あ、モデルには黒のジャケットとデニムがマストらしいです。

ヤバすぎファミリー 毎日がパラダイス
 麻薬栽培一家に生まれた少年が『普通』に憧れる物語。
 家庭学習で学校にも行かせてもらえず友達もいない主人公。ある日、お隣に引っ越してきたキュートな女の子に一目惚れし、麻薬の栽培園と化している家や家族のことがバレないように色々がんばります。
 ストーリーだけ見ると少年の両親がヤバい感じなのですが、両親は教養人であり、ヤバいとはいえ子供の虐待とかではなく『麻薬での生計はあくまで一つの生き方』という不思議な雰囲気でコメディタッチに展開していくのがこの話の面白いところです。
 恋愛青春モノなのですが、終盤はまさかの展開も待っていて楽しい映画でした。

The Girl Next Door
 お隣の綺麗なお姉さんはAV女優だった……。
 なんだかムフフな設定ですが、こういうエロそうなお話ほど全くエロくない法則発動です。
 背伸びしたいお年頃の少年のがんばり!冴えないけれど仲間思いの仲間達!思いっきり酷いことをするけど負けた時は笑顔を浮かべる悪役!
 AV撮影して学校にバレそうになる展開もあるのですが、良い方意味で期待を裏切ってくれるとても気持ちのいい映画でした。

チャンス! メイドの逆襲
 一体いつから−−メイドさんは可愛いと錯覚していた?
 給料未払いの雇い主にキレたメイドさんが逆襲するコメディ映画です。
 雇い主に対する逆襲がなんかもう容赦ないバイオレンスな感じなのですが、途中から『ん?』という妙な展開になってきて……。
 悪を憎んで成敗するだけでは終わらない、ある意味ハートフル(?)な映画です。

Misfits ミスフィッツ-俺たちエスパー!
 不思議な雷に打たれて特殊能力を得た不良少年少女のドラマ。
 やんちゃなヒーロー視点のお下劣コメディかと思いきや、しっかりサスペンスやスリラー要素もあり。
 主人公たち以外も雷の影響で特殊能力を得た人達がいるのですが、その能力が独特で『愛犬を思い出すと犬になりきってしまい素っ裸で外を走り回る』・『相手をハゲにする』などなどバラエティに富んでいます。
 主人公が大嘘つきで下品でとんでもないクズなのですが決して邪悪ではなく、どこか憎めない感じで見ているだけなら面白いキャラをしていて、最近こういう思い切った感じのタイプの主人公っていないよなぁと。
 不良少年少女というキャラ的に正義感云々ではなく、悪の組織とかはいない&気取った感じがしないご近所的な珍しいヒーローものです。久々に体感時間が短く感じる面白いドラマでした。



●その他
・現在の作業用ドラマはマクガイバー。相棒が世話焼きの陽気なおっさんっていいですねぇ
・間違えていつも買ってるパスタ(ディ・チェコ No.12)の太さが違うやつを買ってしまったけど、茹で時間が2分短くなるのは魅力的……でもやっぱりパスタは太い方が好み
・『ラストハルマゲドン』のプレイ動画観ました。こんなゲームがあったとは!!自分もいつかやってみたいです
・映画レビュー動画で紹介されていたホラーコメディ『アメリカン・バーガー』、今一番観てみたい映画No.1でめっちゃくちゃ気にります。アマプラ復活くれないかなぁ……
posted by 夢観士 at 11:48| 日記