2019年12月04日

2019-12-04

 TRINITY RtoRをVersion 1.06にアップデ−トしました。

 ゲームをクリアできそうにない酷い設定ミスを発見してそこだけ修正するつもりが、神祓の制作で新しい事を覚えたり、理想的な新しいプラグインなどが公開されてデザインなど差し替えたいなぁという欲がムクムクしてしまい当初の予定以上に色々と手を入れてしまいました……。
 ただ、基本的なストーリーなどの変化はなく、あくまでデザインのリニューアルや難易度調整(味方が死ににくく&敵を倒しやすくなりました)、システムのわかりやすさを優先にした説明を追加した感じのアップデートとなりますので、以前挑戦したけど途中で挫折したり、よくわからなくて投げてしまった方にこのデータで再挑戦をして頂きたいなぁといった感じです。
(システム内のデータをいくつか削除しているため、過去バージョンのデータでプレイすると正常に動かない可能性があります……すみません……)
 ふりーむさんの方ではすでに900DLほどして頂いているのに、今更こんなリニューアルしてもなぁ……と思わなくもないですが、これからプレイに挑戦してくださる方に向けて少しでもプレイしやすい環境や、ちょっとした要素でも楽しんで頂けるよう何か思いついた時は今後もちょくちょくアップデートしていこうと思います。

 以下、今回のバージョンで変更した主な点です。


●ステータス画面


 以前のステータス画面はSRPG Studioのデフォルトデザインの枠に囚われていましたが、カスタマイズ性の高いプラグインのお力をお借りして大きいサイズを生かせるオリジナルデザインに変更しました。めちゃめちゃ細かい部分まで要望を聞いてくださったプラグイン作成者様に感謝です!!
 個人的に移動と武器射程は結構注目する部分なので目立たせてみました。あとはやっぱりスキルやステートの文字表示追加は分かりやすいなぁと。

 尚、支援ユニットの部分は関係性のあるユニットの顔アイコンを表示しているだけで、そのユニット全員と現在支援発生中というわけではありません。
 どうにも原作基準で作っていると関係性がゴチャゴチャしており、名前だけをずらっと並べても原作を知らない方はよく分からないだろうということで、支援関係や数値は隠しパラメーター扱いに変更をさせていただきました。
 隠しパラメーターといっても支援発生中のキャラ同士が近くにいると支援値は変動するので確認は可能ですし、支援を把握してユニットを動かさないとクリアできないといった厳しい難易度でもないので、支援に関してはゲームのフレーバー要素といった感覚です。
 ちなみにユニット固有支援が届く範囲は、狭すぎると『こいつとこいつをくっつけて〜』みたいな移動を考えるのが面倒になったので、約一画面分(20マス)に変更しております。ざっくりィ!



●データベース
 

 現在進行中の作戦の概要とヒントや、仲間になったユニットの自己紹介(運用例)を閲覧できるデータベースを追加しました。
 RtoRのストーリーはあってないようなものなのでキャラの彫り下げとかは別にいらないかぁと思っていましたが、やっぱり何も設定が分からないキャラよりは少しでもキャラ性がある方が使っていて覚えてもらえやすいとか、愛着とかが湧きやすいのかなぁと。
 尚、プレアデス編では作戦ごとに作戦概要データが追加されます。併せて戦闘システムの解説的なことも説明しているので、『どうすればいいかわからない!』と困っていた方は是非確認してみてください。



●戦闘台詞


 キャラクターアピールの一環として、関係性の高いユニットは戦闘時の台詞をちょっと追加しました。
 ちなみにJ(敵軍)を女性ユニットで攻撃すると……。



●危険状態


 HPが25%以下になると『危険状態』になり能力が下がるのは前のバージョンでもあったのですが、システムの都合上、HPを回復して25%以上になった時にすぐさま危険状態を解除できず次ターンまで待たなければいけない仕様でした。
 今回、プラグイン作成様にご協力いただきリアルタイムで『25%を下回れば付与・25%を上回れば解除』を実現させることができました!
 更に、全ての攻撃には危険状態の相手に『追い打ち』(危険状態の相手に攻撃・命中・会心率アップ)という要素を加え、危険状態の相手には攻撃を与えやすくしています。
 これにより相手が危険状態でない時は攻撃力や命中率が低くて攻撃できなかったユニットでも、弱らせたら大抵は攻撃が通るようになる仕様になり、弱いユニットの置物感が少しでも減らせるのではないかなぁと。(あと、やっぱりダメージが大きくなるのは素直に気持ちい〜い)
 勿論、こちらが危険状態になったら酷いことにはなるのですが、味方には危険状態時のみに発動する良スキルや支援が結構あったりするのでそこで一応バランスは取れているのではないかと。これは個人的に結構お気に入りのシステムです。



あと細かい所では、暁のレベルアップ時に好きなパラメーターをふれる時は現在の数値も表示したり




プレアデスの支店間輸送で各支店の場所と現在地を表示したり




アイテム合成以外に出番がなかった戦えない民間人枠のピュシカが
マップ上に残っているお宝の数や、大体の場所を教えてくれるようになりました。
攻略サイトにお宝の場所(トレジャーマップ)は載せてあるので使わないような気もしますが
取り残しが気になったり、まだ取ってないお宝がどの辺にあるのか分からなくなった方へ。






posted by 夢観士 at 07:38| 日記